港と海と青空と

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽減税率3

<<   作成日時 : 2018/08/20 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日パンフレットが送られてきましたのでまとめてみました。

2019年10月1日より消費税率が10%となることに伴って、
同日より8%の軽減?税率制度もスタートします。

「飲食料品」(酒類、外食を除く)と、
新聞(週2回以上発行の定期購読のみ、駅売りと電子版は対象外(苦笑))が対象となっています。

ご存知の通り、同じ飲食料品でもイートインは対象外ですね。
マックなどはドライブスルーならば同品でもテイクアウトで軽減対象となるでしょうし、
同様にファミレスでも持ち帰りならば軽減対象です。
出前は対象の一方で、いわゆる出張料理は対象外、
ただし、学校給食の施設での提供は軽減対象となり、
給食委託業者からの仕入は対象外とのことです
(病院や認定こども園での提供はそもそも非課税)。
果樹園や釣り堀などで入場料として取っている収入は飲食料品ではないので軽減対象ではなく、
収穫分の収入を別途取っている場合は飲食料品として軽減対象となります。
一般的にドリンク剤でも医薬部外品ならば対象外。
食料品とグッズ等組み合わせた販売でも対象かどうかは金額や割合によっても異なります。
ややこしいですね。。。

飲食店は食材仕入は8%で販売は10%となりますから、
価格が税込表示で競争上やむなく価格を据え置いたりするとなると、
一般的に消費税納税額は増加しますか。
システム上細かい対応が求められますから、
軽減税率対策補助金のご利用もおすすめとなります(申請期限あり)。
また、その後のインボイス制度の開始も踏まえた対応が必要と思われます。
増税の財源による少子化対策や雇用創出が実効性のあるものとなることを祈りますが、
子育ての終わった世帯にも何らかの恩恵があればいいですね。。。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

三橋公認会計士・税理士事務所

軽減税率3 港と海と青空と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる