港と海と青空と

アクセスカウンタ

zoom RSS ニボルマブ

<<   作成日時 : 2018/10/02 13:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ついに受賞となりました。

京大の本庶先生がノーベル医学生理学賞を受賞しました。おめでとうございます。
がんへの画期的な新薬としてオプジーボ(ニボルマブ)が発売されてから約4年、
ついにその日が訪れました。
発売当初は年間数千万円、命の値段としての話題もありましたが、
現在は病によって保険適用もあり徐々に下がっているようですね。
副作用もありますが、人類にがん治療の選択肢が広がることがまさにノーベル賞に相応しい、
もっと早くの受賞でも良かったのではとの声もありました。
山中教授のようやく受賞されてされてホッとしたというコメントが物語っています。
製薬会社との開発事業は長きにわたり、それだけコストもかかっていますが、
もう少し価格が下がると高額療養費制度はあるものの国民としては更に嬉しいですね。
研究開発コストに関して会計的には原則として費用計上となりますが、
税制面では税額控除制度も用意があります。
課題はこういった画期的な薬に関する価格に関して開発側と使用する側とのバランスを取ることでしょうか。
国民皆保険制度の日本では特に微妙な問題ですね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

三橋公認会計士・税理士事務所

ニボルマブ 港と海と青空と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる